住宅ローン難民

住宅ローン難民とは、家を競売に掛けられてしまって、強制的に家を奪われてしまうことをいいます。

住宅ローンを組んだ時に比べ、給料やボーナスが減ったり、再就職ができなくて無職のママでローン滞納を続けてしまっているなどと、競売に掛けられるにはいろいろな理由があります。

ローン会社って実はローンの滞納などの理由なんてどうでもよかったりするらしいのです。

なぜかというと、その理由は差し押さえして競売に掛けてしまえば通常の返済よりも速いペースで回収ができるからだそうです。

自己破産でもされない限りは、競売に後に残ったローンもいずれは返済してもらえるので困らないそうです。

払えなくなればすぐに競売に掛けて回収していけばいいという考えなのです。

しかし、近頃は競売に掛けられても二束三文で売られることが多いので、家をなくした上に多額の返済が残るということになってしまうのです。

とにかくローンが払えないという状況になってしまえば、このまま家を持ち続けることはできないです。なのできちんと対処をしなければ大損ばかりすることになります。

自分の意思で売却をすると、売値も自由に高くつけられますし、売却相手も自由に見つけることができます。意外な高値で売れることもありますよ!!

ローン残高よりも高く売るということは現実的ではないですが、ローン残高に近い値段で売ることは結構現実的で十分に可能性はあります。

もし、ローン残高に少し足りない金額があると、それは銀行からの借り入れなどを利用して補うこともできますよね。
借りれる金融
ただし、家がいくらで売れそうなのか。それを証明できるものもなく銀行と話をしてもきっと本気では動いてはくれません。

手間が掛かる割には儲けもすくないのであまり乗り気になってくれない感じですね。

あらかじめ家がいくらで売れるのか、見積もりを出してもらうといいでしょう。

住宅ローン難民にならないために必死に働いて共働きをしたりとしている人たちは沢山いますよね。

住宅を購入するのは夢もあるしいいのですが、私的には難民になるくらいなら大きな買い物はしないですね。