実際に使ってみて感じたクレジットカードの利便性

私がクレジットカードを作った理由は、社会人ならクレジットカードの一つももっているからということで、大学生のときに大人の気分が味わえるという程度の理由で作りました。

ただ、当時からもカード破産などの事例もあるということは十分に理解していたので、その点は管理をしっかりしようと思って持つようにしました。

そのように「作って所持すること」が目的のような理由だったので年会費無料のものにしておかなければいけないと思い、ちょうどコマーシャルでもよく見かけていたセゾンカードを作りました。
最初は、少しまとまったときの一括払いに大金を持ち運ばずにものが買えるということで利用していました。

むやみに大きな額を財布に入れずに防犯上のメリットはあると感じました。
次第に使い慣れてくると、ネットでの購入に便利だと気づきました。
ネットだと、それまでは商品との代引きにするなど結構不便だったことを考えると、とても便利に決済ができると感じます。

一番最初に使ったときは、ネットでカード払いなど大丈夫かと心配でしたが、カード会社の明細はきっちりとしているし、不正に使用されないようにカード会社も何かと、セキュリティに工夫しているので、私が使っている限りはまったく心配は今のところ感じていません。

いろんな使い方の中で、一番便利だと実感したのは、海外旅行でのクレジットカードの利用時だと思います。

まず、両替をしなくてもよいというのが大きいと思います。
現金がなくなってくると、銀行や両替所などを探して両替をしなくてはいけませんが、カードが使えるならそんな心配はありません。

それに、買い物をしてもお釣りが発生しないのは、とても財布もすっきりしていて便利です。
外貨のおつりは、最初はめずらしくていいのですが、日本の円のように使い慣れていないので、小銭で丁度の額を出すのも難しくてお札で支払ってどんどん小銭がたまってきて困ってしまいます。
小銭は両替もしにくいので、残しておいてもしかたありません。
そういったわずらわしさも、クレジットカードならまったくなく利用できます。

それに海外旅行ではクレジットカードに海外旅行保険が付いていたので、特に保険に入らなくてもいいということで、保険代も節約ができました。

クレジットカードは衝動買いなどして無駄遣いしない限りは、ポイントもたまりお得なことが多いと感じます。
セキュリティも対策されているので、それほど心配なく使えますが、暗証番号の情報漏えいや盗難など基本的なところは注意して使う必要はあります。

結婚してからは専業主婦なので、クレジットカードはなかなか好きなようには使えません。
それでも、突然大金が必要になった時、夫に内緒で借りることができるカードもあるんですよね。
専業主婦ローン
いざという時には利用してみようかな、と思っています。

2回目のサイパン旅行の思い出

サイパンに2回旅行に行きました。
3泊4日でグランヴィリオ リゾートサイパンに宿泊しました。

ネットで申し込んだ安いプランだったので、滞在時間は短めでしたが、フライト時間も3時間半くらいですし時差も1時間なので、割と気軽に行ける海外だと思います。

サイパンに着いてからは、バスでホテルに連れて行ってもらいました。
途中4ヵ所ほどホテルを経由しました。

隣がスーパーなので、まずお水等食料を調達しました。
日本のものも割高ですが沢山売っていました。
ほとんど日本語が通じますが、このスーパーは全然通じませんでした。
お酒を買うのにパスポートが必要です。

その後ホテルのバーベキューを食べました。
好きな食材を選んで渡すと、焼いて持ってきてくれます。
とてもおいしいわけではないですが、外ですし雰囲気がとてもよかったです。

翌日は、マニャガハ島のツアーに行きました。
船で行くのですが本当に見たことないくらい海がきれいでした。
マリンスポーツができるのでパラセイルを体験しました。
現地の方は日本語が本当に上手でたくさん笑わせてもらいました。
更衣室にロッカー、トイレもシャワーもあるので着替えを持っていけます。

ただ中国や韓国の方がとても多く、マナーの悪さにはがっかりしました。
船の便の時間が決まっているのでそれに合わせて帰ってきてからはショッピングに行きました。
目の前がTギャラリア・サイパン/ガラパンなので、免税店で買い物ができます。特に化粧品が安かったです。

少し歩くとアイ・ラブ・サイパン/ガラパンという大きなお土産やさんがあります。
ここは洋服なども沢山売っています。
似たようなお土産が多いので、お菓子などの食料品はスーパーで買った方が安く済みます。

またホテルのマッサージがかなり格安だったので、2日連続でやってもらいました。
ホテル自体はそこまできれいとは言えませんが、オーシャンビューなのとショッピングができるので、立地はかなりいいと思います。

数年前に行った時と比べるとさびれてしまったように感じましたが、日本では味わえないゆったりとした時間が過ごせるので、機会があればまた行きたいと思っています。

実は、彼女がいるんですが、今度プロポーズしようと思っているんです。
それで、気に入っているサイパンで挙式するのはどうか、提案してみようかと。
あまり貯金がないので、挙式も格安にできたら更に嬉しいですよね。
ブライダルローンも検討しつつ、まずは、彼女にプロポーズをどこでするかを真剣に考えているところです。

カードローン・キャッシングで地獄をみた。

初めてカード(百貨店系のもの)を作ることを、大学の友達から教えてもらい作った頃、仕送りでは買えない高いブランドの化粧品を買い込んだことがあります。

ほんの3万円くらいだったような記憶ですが、月の支払を数千円に少なくして、随分手数料が高かったのに長期で分割払いをしました。

それから、なんとなくお金が不足したときに、キャッシング機能も使うようになり、しかも返済を分割してたので、次第に借金が膨らんで、一時ノイローゼのようになりました。※学生ローン

その当時付き合っていた彼氏がお金にルーズだったこともあり、彼と縁を切るのと同時に、借金の精算に励んで、数ヶ月かかりましたが、無事繰り上げて返済しました。

返済途中はすごく嫌な気分が続き、つくづく私には借金は合わないと思ったので、その後は私名義の借金は一切していません。

今でも、一回払いで買ったものを、リボ払いに変更するように盛んに勧誘されますが、あれは数学とかわからない人か、よほど今月のお金に困っている人から、お金をむしりとっている行為だと思います。

毎月支払っていたときには、なかなか終わらなかった支払いが、繰り上げていくことにしたら、気持ちのよくどんどん減っていき、簡単に終わりました。

最初から分割払いというのはするもんじゃないと思います。

家を買うときと車のときなどは、よく使われますが、今や車もそこまで無理して持つ必要はないし、不動産についても、これから人口が減り空き家が増えていきますし、いつ地震が来るかわからないのですから、あまり大きな借金をすべきではないと考えて、自分の子どもたちにはアドバイスしようと思っています。

お金に対する教育を、借金についても、投資についても同様に高校生くらいになったら、受けておくべきだと思います。

ローンの使い方、比較の仕方、支払い総額の計算の仕方などが最初からわかっていれば、私も漫然と借りることは無かったのにと、自分の馬鹿さ加減が悔しいです。

私のように分けわからずに利用すると私のようになるのですが、消費者金融等もこの世の中にはなくてはならないものなのかな・・とも思ったことがあります。

今日では、何社ものキャッシング会社で顧客獲得のために、無利息でのサービスを期間限定でやっています。

うまく活用すれば融資からの日数によっては、本当は発生する金利を全く収めなくてもOKになるのです。

ものすごく前の時代だったら、キャッシングを利用するための審査が、かなり緩やかだったときも間違いなくありましたが、もう今では昔よりもずっと厳しく、事前審査のときには、申込者に関する信用調査が確実に実施しています。

通常カードローンを受け付けている会社であれば、聞きたいことがあるけれど店頭には行けないという方のために無料のフリーダイヤルを使えるように用意しているのです。質問・相談の際には、今のあなたの状況などについてどんな細かなことも包み隠さず伝えないとうまくいきません。

職場の勤務年数と、現住所で何年住んでいるのかのどちらも審査の重要な項目とされています。

実際にどれだけ長く勤務しているかということや、現住所または居所での居住年数のどちらか一方でも長くないケースでは、その実情は事前に行われるカードローンの審査で、マイナスに働くことがありそうです。

事前に行われているキャッシングの審査とは、申込んだあなた自身が本当に返済することができるのかについての審査なのです。あなた自身の年収などによって、キャッシングサービスを認めることが適切なのか、そこを事前に審査するわけです。

最も重視されている融資にあたっての審査項目は、なんといっても融資を行う予定の個人の信用に関する情報なのです。

今までに何かしらローンの返済の、遅延をしたとか未納や自己破産などが記録されていると、事情があっても即日融資を実現することはできません。

気になるかもしれませんがキャッシングとローンの違いは、時間や労力をつぎ込んでまで研究する必要は全然ないのです。

ですが現金の融資の前に、借入金の返済に関することだけは、勘違いや計算違いなどがないかも含めてしっかりと確認したうえで、借り入れの契約をすることによってうまくいくと思います。

簡単便利なキャッシングの申込方法の中で、最も多くの人が使っているのが、ネット経由で行うWeb契約と呼ばれている最近話題の方法なんです。

申込んでいただいた事前審査を受けていただいてその結果が融資可能だったら、ついに本契約の完了で、ATMがあれば時間も場所も選ばずに借り入れ可能になるという便利さです。

期日を超えての返済を何回もやってしまうと、その人のキャッシングの実態が低いものになってしまい、平均的な融資よりも相当下げた金額だけ借りようと思っても、実績が悪くて審査で結果が良くなくてキャッシングできないなんてこともあるわけです。

即日キャッシングとは、実際に申込当日に、キャッシングで決まった資金をあなたの口座に振り込まれますが、事前審査に通過したというタイミングで同時に、即入金処理まで実行されるという流れにはなっていない場合もあります。

今日ではインターネットを使って、できる範囲だけでも申請していただくと、今回申込むキャッシングに必要な審査の結果がさっと出せるシステムがある、便利なキャッシング会社もついに現れているようです。

何年か前くらいから、数も種類たくさんのキャッシングローン会社で新規の借り入れをすることができます。ネットやテレビで広告やCMを見聞きすることが多い有名どころといわれている消費者金融の会社だったら誰でもご存じで、不安な気持ちにならずに、手続きを申込みをしていただけるのではないかと感じております。

融資の利率が高い業者が見受けられるので、このような大切なところは、あれこれそれぞれのキャッシング会社が持っている特質を納得できるまで調査したうえで、借入目的にピッタリのプランのある会社で即日融資のキャッシングを利用するというのがうまくいく方法だと思います。

思ってもみなかった出費が!こんなピンチに、なんとかしてくれる即日キャッシングで思い浮かぶのは、やはり平日14時までのインターネット経由のお申し込みによって、うまくタイミングが合えば申込を行ったその日の入金となる即日キャッシングでの対応できるところもあるようですね。

このように、計画性を持って利用する場合は利用していただきたいと思います。

住宅ローン難民

住宅ローン難民とは、家を競売に掛けられてしまって、強制的に家を奪われてしまうことをいいます。

住宅ローンを組んだ時に比べ、給料やボーナスが減ったり、再就職ができなくて無職のママでローン滞納を続けてしまっているなどと、競売に掛けられるにはいろいろな理由があります。

ローン会社って実はローンの滞納などの理由なんてどうでもよかったりするらしいのです。

なぜかというと、その理由は差し押さえして競売に掛けてしまえば通常の返済よりも速いペースで回収ができるからだそうです。

自己破産でもされない限りは、競売に後に残ったローンもいずれは返済してもらえるので困らないそうです。

払えなくなればすぐに競売に掛けて回収していけばいいという考えなのです。

しかし、近頃は競売に掛けられても二束三文で売られることが多いので、家をなくした上に多額の返済が残るということになってしまうのです。

とにかくローンが払えないという状況になってしまえば、このまま家を持ち続けることはできないです。なのできちんと対処をしなければ大損ばかりすることになります。

自分の意思で売却をすると、売値も自由に高くつけられますし、売却相手も自由に見つけることができます。意外な高値で売れることもありますよ!!

ローン残高よりも高く売るということは現実的ではないですが、ローン残高に近い値段で売ることは結構現実的で十分に可能性はあります。

もし、ローン残高に少し足りない金額があると、それは銀行からの借り入れなどを利用して補うこともできますよね。
借りれる金融
ただし、家がいくらで売れそうなのか。それを証明できるものもなく銀行と話をしてもきっと本気では動いてはくれません。

手間が掛かる割には儲けもすくないのであまり乗り気になってくれない感じですね。

あらかじめ家がいくらで売れるのか、見積もりを出してもらうといいでしょう。

住宅ローン難民にならないために必死に働いて共働きをしたりとしている人たちは沢山いますよね。

住宅を購入するのは夢もあるしいいのですが、私的には難民になるくらいなら大きな買い物はしないですね。

結婚式は人生で一番輝ける1日

今は地味婚や、結婚式をやらない人までいるということに驚きます。
女優のように美しくもない一般人が、きれいなドレスや着物をきたり、大勢の人に注目され、祝福される1日なんて
結婚式以外ないでしょう。結婚式はお金がかかったり、準備が大変だったり、離婚しときのリスク、親戚づきあいでのトラブルなど
色色なリスクはあるかもしれませんが、それを差し引いても結婚式はやるべきだと思います。
派手でお金のかかる結婚式でなくてもいいのです。お色直しをたくさんしないでドレス1着で小さなレストランでやるだけでもいいのです。
プロのメイクさんにお化粧してもらってドレスを着て、親族や友達に祝福されるのは本当に幸せです。
普段、親への感謝の気持ちはあっても、なかなか言葉にしては言えません。でも、結婚式では親への手紙というのがあり、
当然のように感謝の手紙を読みますね。あれは、ご両親にとっても嬉しいはずだし、感謝の言葉を伝えることができた花嫁にとってもよいものです。
私の友達で家族だけで結婚式をした人がいます。ハワイで家族と親しい身内だけでというのも確かによいと思いますが、
友達や普段会えない遠くにいる親戚には披露する機会がなくなります。
そうすると、顔も見たことがないからということで、ご挨拶まわりが大変です。
結婚式なら1日で全部済むのに、結構面倒なことに気がついたわと・・・。
後日、友達の結婚式の写真を見せてもらいましたが、やはりさびしいのです。花嫁の写真だけでなく、友達の写真て結構重要ですね。
10年後に見返したとき、自分だけでなく友達の昔の様子を見るのもとても楽しいものです。
ジャパネットたかたの社長が、ビデオは子供だけでなく、周りにいる家族の歴史をみるのが楽しいと言ってましたが、まさにそう思います。
また、結婚式を盛大にしてすぐに離婚する芸能人もいますが、一般人の場合そうもいきませんよね。
みんなにお祝いをいただいて、祝福された分頑張ろうと思います。そういう面でも結婚式はやったほうがいいと思います。